ラジコンヘリ空撮 - 1.0kgクラス 4モーター 詳細

1.0kgクラス 4モーター

◆無人航空機の飛行に係わる許可・承認に関して
1.0kgクラス4モーターは、国土交通省から飛行許可を得られている機体です。
ただし、航空法・申請内容に準拠する必要があることから、全ての案件に無条件で対応出来るわけではありません。

許可及び承認事項:航空法第132条第2号、航空法第132条の2第1号、第3号及び第6号
許可等の期間:平成28年4月15日~平成29年3月31日
無人航空機:自作機(1.0kgクラス4モーター)
無人航空機を飛行させる者:鈴木陽一
飛行の経路:日本全国(但し、飛行マニュアルに基づき地上又は水上の人又は物件の安全が確保された場所に限る。)

航空法 飛行の内容 対応状況と備考
132条第1号A
進入表面など飛行場の周辺 非対応
132条第1号B
地表又は水面から150m以上の高さの空域 非対応
132条第2号
人又は家屋の密集している地域の上空 対応
132条の2第1号
夜間飛行 対応 ※周辺光によるフライト前提
132条の2第2号
目視外飛行 非対応
132条の2第3号
人又は物件から30m以上の距離が確保出来ない飛行 対応 ※人物直上の撮影可能です
132条の2第4号
催し場所上空の飛行 非対応 ※スポーツイベントなどは撮影出来ません
132条の2第5号
危険物の輸送 非対応
132条の2第6号
物件投下 対応 ※カメラを下ろした状態で関連機器も含めて400g以内
室内用クアッドコプター

「高い安全性」が開発コンセプト。
室内でのドローン空撮に特化した機体です。

・とにかく、安全第一
・室内で空撮を行いたい
・人物の直近から可能な限り安全に撮影したい

この様な案件に向いています。
プロペラの周囲には、発泡スチロールのガードが装着。
安全性の確保の観点から、一般的なカードよりも多少重くても丈夫且つ危害を与えにくい形状を選択しています。(市販品からの転用)
人物や建築物に低速度で接触した場合も、危害を加えません。
トラブル時にも、フライト重量1.0kgと超軽量の為に大きなケガなどの心配もありません。
フレームヒューズ搭載(オリジナル・1kg仕様) 参考:2.0kgクラス・フレームヒューズ解説
プロペラも攻撃性の高いカーボンを用いず、安全性の高い樹脂プロペラを採用。
墜落時の安全を実務性能の許される範囲で最大限に向上させた機体です。

メリットは大きいのですが、特殊コンセプトの機体であることから、以下の制限が付きます。
・搭載カメラは、GoProのみ(HERO4)
・風に弱い(シビアなワークには空調の風なども影響)
・FPV未搭載
・GPS未搭載
・パイロットから半径50mが操作限界(見えなくなります)

機体の特性を理解した上でワークを組み立てれば、実写では不可能と思われるような映像を短時間で撮ることが可能です。
同時に、高い安全性も保証出来ます。
事務所・工場・教室・スタジオなどの室内での撮影に向いています。
国土交通省の許可取り機体であることから、室内から屋外へのワークも可能です。
※屋外の風は5m/s以下であることが必須

動画撮影仕様

フライト重量:1,006g (HERO3・バッテリー・カメラ・プロペラガード込み)
プロペラ接触危険率:Sクラス
カメラ:GoPro HD HERO4:ブラックエディション (2014年12月発売)
カメラ:GoPro HD HERO3+:ブラックエディション (2013年11月発売)
防振システム:ゴム中空ダンパー
標準フライト時間:5分
フライト範囲:有視界(パイロットから半径50m)
無線画像転送:非対応
GPSによる自動航行:非対応
垂直上昇:50mまで
持ち込みカメラ対応:非対応
雨天フライト:非対応
降雪フライト:非対応
フィルター:ラッテンフィルタ装着可能
水上撮影:対応
水平撮影:対応
真下撮影:対応

スチール撮影仕様

非対応

技術詳細

◆搭載カメラ1: メイン
カメラ:GoPro HD HERO4:ブラックエディション (2014年12月発売)
カメラ:GoPro HERO3+:ブラックエディション (2013年11月発売)
コーデック:AVCHD 60p
レンズ:170°~90°(クロップ)
顔認識:非対応
防水:非対応
重量:87g(HERO4)

◆機体
ベース機体:自社設計・自社製造
機体制御:DJI(国内正規代理店から購入。自社選別品)
構造材:カーボン・マグネシウム・エンジニアプラスチック・ABS(3Dプリンタ)
ネジ類:マグネシウム・チタン・エンジニアプラスチック
モーター:市販品(自社選別)
バッテリー:市販品(自社選別)対発煙考慮品

◆スタビライザー
メーカー:Tarot(自社調整)
構造材:カーボン・アルミ
微少振動対策:マグネシウム合金・制振合金
水平制御:2軸(専用ボード使用)

◆無線装置
メーカー:双葉電子工業(国産メーカー)
電圧モニター:搭載
高度モニター:非搭載
電波障害:送電線等の影響が無い事を確認済み
スレーブストロボ:周囲にて使用可能
Wi-fi機器:周囲にて使用可能

改良予定

・画像転送装置搭載

主要業務

2015年: RECRUIT革命|OFFICE MOVIE
2013年: フジテレビ「ガリレオ」 第7章 偽造う -よそおう-
2013年: フジテレビ「ガリレオ」 第1章 幻惑す -まどわす-
2013年: 関西テレビ「幽かな彼女」

開発履歴

2016年4月15日 : 無人航空機の飛行に係わる許可・承認
2015年3月23日 : Ver2化作業開始
2014年7月9日 : 3Dプリンタ造形スキッド搭載(重量減)・動力バッテリーの高性能化(重量増) フライト重量1,010g
2014年3月19日 : GoPro HERO3+ブラックエディション搭載
2013年7月11日 : GoPro HERO3ブラックエディション搭載 (1,012g)
2013年2月28日 : 開発完了・稼働開始 (1,021g)
2013年2月 : 開発開始

お問い合わせ

諸事情から2017年4月5日を持ち、全ての空撮業務を休止させていただきました。

Home | ドローン空撮 | バルーン空撮 | 社長ブログもどき | 会社概要