航空写真ナビギャラリー - 山口県:山口駅前

山口駅前:山口県山口市

山口県庁は撮影場所(駅付近)から1.5kmほど離れているのですが高台にあることからキレイに撮影が出来ています。
(航空写真ナビは盆地がベスト)
航空写真ナビの特徴である「真下の画像」の実例としては、「山口銀行山口支店」が最適です。建物・駐車場の位置関係がわかりやすく表現出来ています。

航空写真ナビの記念すべき、最初の実例

撮影としては長崎県:長崎市泉町が1日早いのですがコンテンツとして形になったのはこの山口駅前が最初の実例です。
バルーン・撮影システム・ソフトと制作するために必要なツール全てが自社設計・制作です。

航空写真とナビ機能の融合というコンセプトは2002年頃に思い描いていました。
その当時は回線速度、コンピューターと撮影機材の性能、ソフトなど、全ての面で準備が出来ていませんでした。
その後、ブロードバンドの普及により重たい画像の提供が可能に(2004年頃)。
一眼デジタルレフと専用フィッシュアイにより高画質のパノラマ写真の撮影も可能に(2005年)。
最後に、Flash Ver9プレイヤーの普及がはじまった段階(2007年)で準備は揃いました。
そして、この最初の撮影を行ったのが2007年7月です。

前へ一覧次へ
お問い合わせ

諸事情から2017年4月5日を持ち、全ての空撮業務を休止させていただきました。

Home | ドローン空撮 | バルーン空撮 | 社長ブログもどき | 会社概要